スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

おたにやさしく。

ヒト様と話していて気づいたこと。

「アニオタは楽勝で言えるけど、アイドルオタクはカミングアウトしにくくね?」

って話。

 

これは衝撃だ。いやまぢで。
余計な含みとか一切無しで正直に言うと、もし自分がアイドルオタクだったら、アイドルオタクを前面に出してゆく事はできない(かもしれない)と言う事だ。今は半ば『くい気味』にアニメオタクであると言うことを前面に押し出しながら歩いているにもかかわらず。だ。

 

過去の日記『ネイティブオタクの独り言』で散々オタクサイドを気取っておきながらこの体たらくはなんだ!
ワシはアイドルオタクを無意識に否定しているのか!?
否!断じて否だ!
我々は同じ罠のムジナたんなのだ!
言わば仲間である。

 

一緒に肩を組んであっち側のオサレなボーイズンガールズ様を笑ってやりたい。
「生まれたことに感謝!?」「出会えた奇跡!?」アッタマおかしいんじゃねぇの!?と言ってやりたい。
自分にとって何が面白くて、何が面白くねぇかてめぇの頭で判断すらできねぇからそーいうクソみてぇなコピーに踊らされんだと。
 

ワシらはオマエらと違って楽しいことを"楽しい"っつって"勝手に"やってるだけだかんね!

一応、アイドルオタクを否定する気は一切無いし、どちらかというと友達になりたいと言うことを前述しておく。
その上で。アイドルの文化に馴染めない理由を挙げると・・・。

 

ワシは、ガッチガチのアニメオタクでありながらアニオタ文化に決定的に馴染めないもののひとつに「アニメソング」がある。
「声優って声の俳優って事だよね?なんで歌わせちゃうの?」って思う事が多々あるし、そうでないアニソンを聴いても一端のミュージシャンが作ったソレほどは心を動かされない。音楽の向こう側にあるアニメの世界を妄想しなければ楽しめない程度の音楽をiPodに入れてまで聴こうとは到底思えない。
それと同じような理由でアイドルの歌にも正直ちょっと馴染めない。
誤解の無いように断っておくと、音楽を「アニソンだから」とか「アイドルの歌だから」という聴き方はしないつもりだ。


でも統計的にやっぱり好きな音楽にアニソンやアイドルソングは少ない。
(「The Monkees」をアイドルソングに含めて良いのなら・・・・ホントそれくらい。)
 

やっぱり音楽はミュージシャンが作ったものが一番良いし、アニメは本編を見てこそのアニメだし、アイドルはツラがかわゆくてナンボだと思う。

 

ミュージシャンとアイドルとアニメがそれぞれ食えない業界になりつつあるのならどんどんタイアップすればいいと思う。
ミュージシャンが音楽を作り、アイドルを画面に置いて(その際一切歌わなくてよし。)、本編をアニメにすればイイよ。案外面白いと思うんだけど・・・。

 

アイドルは(主に男性が好む)「かわいさ」を売っているんだから、もっともっと「かわいい」で勝負して欲しいと思う。
歌を一切歌わないアイドルがいたら、ちょっとイイなと思うし、応援したいと思うのはワシだけだろうか。
もう歌を売るとか回りくどいことしないで、アイドルを株式会社化して現金をバンバン集めればイイと思う。
そうすれば我々オタクはお金を失うばかりでなく、もしかしたら配当がもらえるかもしれない。
あ~あ、こういう事言うと同胞の友達が減るんだろうナァ・・・悪気も敵意も上から言ってるつもりも一切無いんです。いやマジで。


でも冗談抜きでアイドルオタクはかっこいいかもしれない。
誰にも褒められないどころか、下手したら自分が好きなはずのアイドルからも嫌われる可能性をも飲み込んで尚アイドルを好きでいられるのだから。この生き方は相当パンクだと思う。最近ヘンに市民権を得て堕落してしまった我々アニオタはその生き様を見習わねばなるまい。

 

 

 

 

【追伸】
先日友人に
「まさかす氏の絵はコビがないんだよね(´・ω・`)」
と言われた。
「オマエの絵には正直萌えられねえ」
って言いたいところを相当言葉を選んで言ってくれたのだろう。
コビます。これからはバンバンコビてゆきます。見るヒトがえづくくらい甘ァァァいヤツを頑張って描いていこうと思うです。
超LVの低い位置でヘンにまとまっている今の絵は本当にクソだと思う。なんやかやでヒトしか描いてねぇし。一旦ぶち壊したいね。コレ。

コメント

久し振りにまさかすさんが吼えたので嬉しいですわ。
まさかすさんの日記ってコラムみたいで面白いんですよね。
芸能=資本ですから、アイドルのビジュアルという本業以外の才能は関係なく需要(ファン)があればあの手この手で稼がなければならんのでしょうなー。
あの手この手ゆえ作品次元が低いにも関わらず、踊らされるファンに「どーなんだ」ということでしょうか。
そんなんで低いものを作り出すくらいなら、本業の顔のみで売ってくれた方がいい、ということでしょうか。
飽くまでヤンワリと、この「どーなんだ」をおっしゃっているので、私の捉え方が間違っていたらすいません。
でも
アイドルオタクに関わらずどのオタクにも言えること、誰にどう思われようと関係ない、自己確立主義なその生き様(まさしくパンク)には共感しますわ。
私自身もオタクですから。
夢の中だけで生きられる、生き甲斐もなく無味な日々を過ごす普通の人と比べたら幸せですわな。
とはいえそんな一般社会に対して本人が過剰に排他的であったり、自己主張が激しかったりする場合はいけませんな、とは思います。
追伸の文、ご友人の言葉の解釈、まさかすさんはそう捉えられたようですが、そうですかね?
「媚びてない」というのはそれだけご自身の描きたいものが表現しつくされている、ということではないのでしょうか。
「見た側が感じる萌え度」、敢えてまさかすさんのそういう意味での解釈の「媚び」で言えば充分「媚び」ていると思いますが。(「媚びている」という言葉は悪い表現なので、まさかすさんの解釈で敢えて言っていること、強調します)
私の意味では自分が描きたくないものを描くのが「媚び」だと思います。
にしても人しか描いてない自分、まさかすさんのお言葉、耳が痛ぇ~。
いつもまさかすさんの己がままに弾けるという信念が出てる絵、描きたいなーと思ってます。
弾けても不発になるか出来が不満になるかの私なもんで。

2010/05/28 (金) 11:59:31 | URL | ふぐるま #79D/WHSg [ 編集 ]

こんばんは~♪
週末出かけておりまして、お返事遅くなりましたっ!すいません(汗
しかも帰宅後、炊飯とガスコンロ周りの掃除を返信よりも優先させた事、お許しください。
以下の文章が長くなってしまったので、無理して読まないで下され・・・と先述しておきまする。
>あの手この手ゆえ作品次元が低いにも関わらず、踊らされるファンに「どーなんだ」ということでしょうか。
そうですねぇ。ファン悪メディア悪はやっぱりありますよね。
どこかの商業分析家が言うには、アイドルは「顔」と「何か」という2つ以上のスキルがあるヒトが取り上げられやすいそうです。
でもその為に「顔」以外にたいした才能もねぇのにマルチタレントと称され、歌わされているアイドルは見ていて痛々しいんですよね。
第二第三の能力なんかいらないから、アイドルなら一度見たら忘れられない位の面構えで居て欲しい、と思うのは私だけでしょうか。
あと、ふぐるまさんもおっしゃるように作る側の意識とLVの低さ。
アイドルが歌う歌
読者モデルが作る番組
女優がデザインした服
って何か・・・上手くいえないですけど・・・我々消費者をバカにしていると思いませんか?
あとふぐるまさんの話とは関係ないですが、オタ友と音楽の話が出来ない・・・というのは多少悲しくはあります。
これはワシのわがままと言うものでしょうが・・・たとえば
今年のサマーソニック2010(夏フェス)のラインナップで
●スティービーワンダー
●JAY-Z
●つるの剛士
●土屋アンナ
あたりで喜んでいるステキ様に対して
「あ~こいつら、センスねぇなぁ・・・うっすい。マジうっすい。」
って思える程度の知識が、オタ仲間にもあったら相当楽しいと思います♪
つか・・・ファンのヒトには申し訳ないけど、つるのと土屋さまは「ステージに出てきて何すんの?」って正直思いました。
S・Wは音楽的にイイとは思うけど、今出てきても体のいい骨董品みたい。
>とはいえそんな一般社会に対して本人が過剰に排他的であったり、自己主張が激しかったりする場合はいけませんな、とは思います。
これは思います・・・があえて、ダサいものはダサいって言った方がイイと思うんですよ。
これ以上ステキ様を世の中にのさばらせない為にもこれは必要な事だと思います。
(あえて「たかが」という表現を使いますが)たかがブログでそういった一極発言や否定的な発言をするのに躊躇しなければならないような世の中、あるいはそれを笑って見過ごせないようなヒトは、きっとマトモではない。
もしくはみんながみんなそれぞれを認め合ってエヘラエヘラと笑っているような世の中になったら、なんだか宗教臭くて気持ち悪いと思うんですよ。
>私の意味では自分が描きたくないものを描くのが「媚び」だと思います。
本当にそうですねぇ。
あっしの場合は、こだわりがあるから描かない(媚びない)のではなく、恥ずかしいから描いていない場合が多いです。
したがって、これからは恥ずかしがらずにえぐい所をバンバン描いて、見てもらおうと言うわけです。
ふぐるまんがでは、ご自身が恥ずかしい(と思われる)ところ・・・エロシーンとかw・・もちゃんと描かれていて、読み手としてはそのあたりも楽しかったりします♪媚びとか関係なく常々読み手のことを考えて描かれているんだナァと思うです。
ふぐるまさんの絵自体も良い意味で気取ったところが無い絵柄であります。差別するわけではありませんが、女性の画風としては相当珍しく、自分のようなボンクラにも馴染みやすいのであります。
私もその域まで行けたらナァ・・・。
・・・ってながっ!レスなっが!読むに耐えない文章を長々と・・本当にスイマセン。
ふぐるまさんのコメはイイ感じのところを突っ込んでくれるので楽しく書いちゃうんですよね(笑)
コメントありがとうございます♪

2010/05/31 (月) 23:56:27 | URL | まさかす #79D/WHSg [ 編集 ]

ジャンルを問わずおたくは友達になれそうです。
いやなんとなく。
私の場合どうも好きな音楽などがアニソン寄りになってしまう。
ほんと性格正反対だよねえと思ったしだい。
おでこちゃん好きとふさふさ髪好きとか。
ロリコンの定義は低学年か高学年かとか。
他もろもろ。
「誰にも褒められないどころか、下手したら自分が好きなはずのアイドルからも嫌われる可能性をも飲み込んで」
なんだか大いに同意(笑)
ご友人が言われる「媚びる」
私はこう考える!
へりくだっていないって事なんだと思うよー。
ふぐるまさんの言う描きたくないものを描くというのも、なるほどおと思いましたさ。
露骨なヨイショがないって事だろうね、多分。
多少の「こういうのお好きでしょ?」とちら見せは媚びるうちには入らないと思いますなあ。
(自分のものさし基準)
でもまあ萌え路線を試行錯誤しながら描き続けてるまさかすさん。
想像するだけでなんだか楽しいです(・ω・*)

2010/06/10 (木) 20:27:19 | URL | ぶぶたん #79D/WHSg [ 編集 ]

アニソンで・・・バッサバッサと同胞を切ってスマヌ(;´Д`)
やっぱりぶぶ太郎も切っちゃったか~(笑)
じゃ~切りついでにもう一振り。
「っぽい」とか「ぽくない」ナシにして『フツーに』面白いアニメーションがこれだけ増えてきているのになんだかアニソンがそれに追いついてない感じがするですよ。浮いちゃってるって言うかアニソンだけ古いままって言うか。そんな感じがするです。
影ヒロ的な歌も、専門学校生が作ったみたい打ち込みアイドルソングもそれはそれでそっちに伸びていけばイイ罠。
でも全部が全部それじゃ~つまんないと思うんだよね。
イチアニオタとしてはワシのようなアニソンの良さがゼンゼン分かってない人でも楽しめる音楽を作って欲しいですよ。そういう意味ではアニソンはアニメの伸びしろだと思うんですよ。
へりくだらない絵。
オレはコレが面白いんだゼ!
って絵を描けたらいいナァって思います。
さらにエラそうな事を言うと、
「ワシの描きたい絵は『芸術』のソレじゃない」
って事なんです。
どちらかというと『芸術』はクソだ。
(あ~、これでまた別の同胞を切ったな・・・・)
萌えイラストって下世話な面白さっていうか、描き手と受け取り手の欲望みたいなものがえげつなく詰まってると思うんです。
ワシは萌え絵のソコが好きだし、そういう下世話なところを少しでも表現できたらいいナァと思います。
ま~平たく言うと、えりょく、もっとえりょく!って事なんですが・・・(笑)
最近絵を描けてないんでまたちょいとずつ描いていきたいものです。
貴重な意見を書き込みありがとすん!

2010/06/15 (火) 06:02:55 | URL | まさかす #79D/WHSg [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。